08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2011年9月21日(水)9:00

伝承者養成講習が開講/宮古上布

染色など4部門に6人学ぶ


講師と伝承者が一堂に会した開講式=20日、宮古織物事業協同組合展示室

講師と伝承者が一堂に会した開講式=20日、宮古織物事業協同組合展示室

 2011年度の宮古上布伝承者養成講習会(主催・同上布保持団体)が20日、開講した。講師は保持団体の会員で、宮古上布製作に熟練の技を持つ5人。上布製作に携わっている6人が受講する。


 講習部門は「図案・手括り」「染色」「織り」「砧打ち」の4部門。今年度は補助金が増額されたため、「染色」と「砧打ち」を新たに設けた。講師と伝承者は昨年より、それぞれ3人増やした。

 受講日数は「図案・手括り」が200日、「染色」80日、「織り」200日、「砧打ち」100日となっている。講習は来年3月に終了する。

 開講式で保持団体の新里玲子代表は「講師の素晴らしい技を受け継いで、自分のものにしてほしい。大先輩の技が後輩に受け継がれることを期待している」とあいさつした。

 市教育委員会の砂川隆生涯学習振興課長は「先人が長年かけて築いた技術の継承と伝承に頑張って」と激励。

 講師の下地達雄さんは「受講するセクションを極めるだけでなく、宮古上布の各工程や歴史についても知る必要がある」と、知識や技術の幅広い習得を促した。

 伝承者の本村千智さんは「与えられた良い機会に、一生懸命勉強したい」と意欲を見せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!