08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年11月20日(日)9:00

宮古の伝承文化を語る/文化研究センター講演・シンポジウム

「狩俣の神歌と神話」で提言


神歌を披露する佐良浜の女性たち=19日、狩俣集落センター

神歌を披露する佐良浜の女性たち=19日、狩俣集落センター

 宮古伝承文化研究センター(佐渡山安公所長)主催の第6回講演・シンポジウムが狩俣集落センターで開かれた。「宮古の神歌の世界」では、西原や佐良浜などの女性たちが、地域の古い神歌を方言で披露。参加者らは、方言の奥深い世界に感動した様子だった。


 センター副所長の狩俣恵一沖縄国際大学教授は、1609年以後の宮古の人頭税に触れ「役人は人頭税制では、人口調査や田畑の面積調査、度量衡、長さ・容積・重さなどを測るさおや升など)を把握しなければならなかった。そのような人頭税の中で、地域の神歌・祭祀はどのように関わっていたのか」と未解明の断片を提起した。

 その上で「よそでは見られない宮古独自の神歌・祭祀を継承することは、宮古の文化を継承することになる。歌を通して楽しく語り合いましょう」と述べた。

 平良西原が「かんむなーぎ」、伊良部佐良浜が「なかやつぬ かにくよ」、城辺宮国が「ユークイのウタ」、平良狩俣が「むとぅぬんつ」などを披露。それぞれ歌った女性たちが、神歌のストーリーを紹介すると、参加者らは、改めて理解した表情を見せていた。

 この後、明治大学の居駒永幸教授が「狩俣の神歌と神話」と題して講演した。

 引き続き「狩俣の神歌と神話」のテーマでパネル討論が行われた。パネラーからは、今後の神歌・祭祀継承などについて活発な意見・提言があった。

 同センターは、宮古のすべての伝承世界の調査、記録、継承を模索し研究するのが目的。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!