08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
政治・行政 社会・全般
2011年12月2日(金)9:00

自動交付機運用スタート/平良庁舎1階ロビーで稼働式

証明書発行がスムーズに


機械の稼働を祝しテープカットを行う(左から)山根社長、長濱副市長、川本部長=1日、市役所平良庁舎1階ロビー

機械の稼働を祝しテープカットを行う(左から)山根社長、長濱副市長、川本部長=1日、市役所平良庁舎1階ロビー

 宮古島市が導入した各種証明書自動交付機が1日から運用スタート。機械が設置されている市役所平良庁舎1階ロビーでは同日朝、稼働式が行われ、長濱政治副市長らがテープカットをして利用開始を祝った。これまでは窓口で発行していた戸籍や住民票、税金関係の証明書などを自動で発行する同機械。発行手数料は窓口と同額で、利用するには事前に暗証番号を登録した印鑑登録証兼市民カードまたは住民基本台帳カードが必要となる。


証明書自動交付機

証明書自動交付機

 稼働式であいさつに立った長濱副市長は「機械が稼働することで、市民の待ち時間が解消されるほか、安全で確実に発行できる。市民サービスとして良い取り組みなので、しっかりPRしていきたい」との思いを述べた。

 テープカットは長濱副市長と、機械本体と戸籍システムを担当した富士ゼロックスシステムサービス営業本部公共システム営業事業部の川本寛事業部長、市の住民情報システム全般を担当するオーシーシーの山根健次郎社長の3人で行い、稼働開始を祝った。

 同機械の利用者第一号として、長濱副市長が実際に機械を操作して証明書を受け取った。

 証明書自動交付機の利用は土・日曜、祝日を除く午前8時から午後7時まで。年末年始の12月29日から2012年1月3日までは利用できない。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!