10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2012年1月24日(火)9:00

漁村で盛大に旧正月/大漁、航海安全を祈願

親戚集い料理囲み酒宴


大漁を祈願する旗を掲げて停泊する漁船=23日、佐良浜漁港

大漁を祈願する旗を掲げて停泊する漁船=23日、佐良浜漁港

 漁業のまちの佐良浜や池間、久松では23日、旧暦の年の始まりを祝う旧正月が盛大に行われた。佐良浜漁港には、数十隻の漁船が日の丸や大漁、航海安全を祈願する色鮮やかな旗を掲げて停泊。親戚一同が集い、豪華な料理を囲みながら酒盛りをする家庭も見られた。


 宮古の正月は一昔前まで、新・旧の両方が行われていた。しかし、1950年代

良い年になるよう願い乾杯する久高さん(右から2人目)と家族・親戚の皆さん=23日、佐良浜

良い年になるよう願い乾杯する久高さん(右から2人目)と家族・親戚の皆さん=23日、佐良浜

の後半から新正月一本化運動が展開されて新正月中心に変わり、現在、旧正月は旧暦と仕事や生活が密着する漁村だけに残った。

 漁師らは早朝、船に旗を立て、漁師と舟の守護神とされる船霊に神酒や海、陸の幸を供えて祈った。好天だと乗組員が船に集い酒宴となるが、小雨模様の肌寒い生憎の天気となりその姿は見えなかった。

 家元(ヤームトゥ)である久高正廣さん宅=佐良浜=には、早朝から約50人の親戚が入れ替わり立ち替わり訪れた。

 最初の来客は、午前7時半ごろ。携えて来た料理を神棚の前に供え手を合わせた。居間の飯台にはイカやタコ、魚の刺身や豚肉、豚ソーキなどがずらり。親戚たちは、正月ならではの料理を囲み、三線も弾きながらにぎやかに酒を酌み交わした。

 久高さんは家族や親戚一同の健康と、家庭円満を祈願。海の仕事をしている四男の英治さんは「航海と仕事の安全に万全を期したい」と気を引き締めた。

 伊良部漁協の友利義文組合長は「昨年は、大型のカツオが大漁だった。漁業基盤整備では、カツオ一本釣りの生き餌捕獲に利用する鋼鉄製人工漁礁(別名パヤオ)を3カ所に沈めた。この効果が出れば今年も昨年以上の大漁になると思う」と期待を込めた。

 佐良浜では新正月も祝うが、旧正月ほど盛大ではないという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!