09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化 社会・全般
2012年2月5日(日)9:00

ネット使い環境学習交流/狩俣小と牛久市(茨城県)児童

宮古島の生き物など紹介



6年生4人が宮古島の生き物や環境について報告した=4日、狩俣小学校

6年生4人が宮古島の生き物や環境について報告した=4日、狩俣小学校

 茨城県牛久市と同市教育委員会などが主催する「うしく2012サイエンスフェスタ」の「かっぱ大交流会」で、狩俣小学校の児童がインターネットの回線を使って会話と映像の交換ができる「スカイプ」を活用して同校から取り組みを報告した。


 報告したのは、6年生の佐藤龍也君、宮城厚希君、大久保かがり君、池間弘登君の4人。

 4人は宮古島の概要と魅力を紹介しながら、同校の4、5、6年の15人が昨年から取り組んでいる宮古島に生息する生き物の調査について報告した。

 同校の報告を受けた牛久市側のコメンテーターからは、さらなる取り組みに期待を寄せるコメントが寄せられた。 

 この取り組みは、宮古島観光協会がNPO法人アサザ基金の飯島博代表理事を招いて、宮古島の児童を対象に出前授業として島の自然の大切さを訴えてきたことがきっかけ。

 この授業の延長線上に今回の環境学習交流会があり、牛久市の小中学校と狩俣小、三重県の七保小学校がそれぞれの取り組みの成果を報告しあった。

 狩俣小の児童たちは、飯島さんとの出会いでたくさんの生き物や植物を知り、生き物の命や環境の大切さについて考えるきっかけになったことを紹介し、これからもいろいろなことを調べていくことを報告した。

 報告を終えた4人は「今回の報告は良い機会だった。これからも活動を続け、狩俣のことをどんどん発信していきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!