09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2012年2月12日(日)9:00

「花いっぱいの島に」

下地市長が花植え アピール


自宅前の市道植栽升に花を植える下地市長=11日、平良東仲宗根

自宅前の市道植栽升に花を植える下地市長=11日、平良東仲宗根

 「宮古島を花いっぱいの島に」。下地敏彦市長が11日、「隗より始めよ(言い出した人から始めよ)」と自宅前市道の植栽升に花を植えた。区間は東仲宗根にある花園幼稚園付近から東小の方向へ約100㍍。季節の花が、鮮やかに咲き、道行く人の目を楽しませている。


 下地市長は、花や緑を増やすことに熱意があり、「花の王国」づくりを推進している。今回、口で言うだけでなく、同計画への市民参加を行動でもってアピールした。

 作業は早朝から始まった。手には、スコップ。地ならし作業を頑張る下地市長の顔から、大粒の汗がしたたり落ちた。サルビアやマリーゴールド、インパチェンス、ベゴニアなど約80本を植えた。

 下地市長は「住宅周辺の緑化は、役所ではなく自分たちでやってほしい。市民が花木を自主的に植えて、宮古島が花と緑でいっぱいになればうれしい」と呼び掛けた。苗の無料確保には、「道路里親制度」の活用を勧めた。

 下地市長の住宅の庭は、花と緑にあふれている。ガーデニングが、趣味という市長。「緑があると、心が落ち着く」と、緑化の効果を強調した。

 同道路は、児童生徒の通学路にもなっている。植えた花には「花のように美しく、心豊かな人に育ってね」という子どもたちへのメッセージも込めた。

 花の王国は、宮古島を花と緑でいっぱいにする島づくりを目指す事業。同事業の一環として、市熱帯植物園に昨年完成した、せせらぎの周辺にも季節の花が咲いた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!