10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
政治・行政 社会・全般
2012年3月4日(日)9:00

池間島で民泊体験/受け入れ家族と交流

台北環境担当職員


吉濱チヨさん(中央)と記念撮影する関係者ら=3日、池間島

吉濱チヨさん(中央)と記念撮影する関係者ら=3日、池間島

 台湾招聘事業で滞在中の台北市中山区市役所の環境担当職員3人は3日、池間島で民泊を体験した。受け入れ側の家族と交流を深め、温かいもてなしを満喫した。3人はきょう4日、台湾に帰任する。


 台湾招聘事業で滞在中の台北市中山区市役所の環境担当職員3人は3日、池間島で民泊を体験した。受け入れ側の家族と交流を深め、温かいもてなしを満喫した。3人はきょう4日、台湾に帰任する。


 職員はホン・ツウン・シャさん、ロン・リン・メイさん、フ・シュウ・ジェンさん。通訳は中国出身で宮古島で暮らす仲間幸子さんが務めた。

 3人を受け入れたのは吉濱朝光さん(90)と妻のチヨさん(91)、長女初美さん、次男克則さんの4人。

 朝光さんはかつて沖縄-台湾航路の船に船員として働いていた。その時に台湾から土産で買ってきた木彫りサシバ、装飾石などが床の間に飾られ、ホン・ツウン・シャさんらを喜ばせた。

 チヨさんは「大戦のときは台湾基隆市に疎開した。とても優しい人が多かった。防空壕の中で生まれた赤ちゃんもいた」と懐かしんでいた。

 ホン・ツウン・シャさんらはこの日、市職員の案内で市街地エコハウス(省エネ型住宅)、環境省エコ燃料実用化地域システム実証事業で取り組んでいるバイオエタノール生産設備、メガソーラー実証施設などを視察した。

 宮古島観光協会(豊見山健児会長)が沖縄修学旅行強化事業「修学旅行新規メニュー開発支援事業」の一環で実施。池間島では、いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)が受け入れ窓口で行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!