09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2012年6月20日(水)9:00

第1次宮古ロケ終える/NHK「純と愛」

平良進さん、故郷で穏やかな演技



純の子役、安養寺さん(左)に優しく語り掛けるおじい役の平良さん=17日、池間島

純の子役、安養寺さん(左)に優しく語り掛けるおじい役の平良さん=17日、池間島

 今年10月1日から放送を開始する宮古と大阪を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」の第1次宮古ロケーションは19日、予定していた収録をすべて終えた。総勢70人余りのロケ隊とキャストはきょう20日~21日にかけて那覇へ移動し、沖縄本島での撮影に入る。主要キャストの中で唯一人、宮古島市出身の俳優、平良進さん(ヒロイン純の祖父・真栄田弘治役)は17日に池間島で行われたロケーションで優しく穏やかな演技をみせていた。



 朝ドラの宮古ロケは13日にスタートした。天候に恵まれてのロケ開始だったが、台風4号発生の知らせを受け、制作統括の山本敏彦チーフ・プロデューサーらロケ隊は撮影日程の調整を行いながら、撮影できるシーンを前倒しで撮影していったという。


 ヒロイン狩野純役の夏菜さんもすっかり宮古に溶け込んだ様子。17日の池間島でのロケで、夏菜さんは「地元の高校生たちが、一生懸命、撮影に協力してくれたことに感激した。素直な生徒ばかりで宮古が大好きになった」と話し、「宮古の人たちのためにも、最高の演技を披露したい」と語っていた。


 平良さんは、01年度放送の朝ドラ「ちゅらさん」で、「沖縄のおばあ」を熱演した平良トミさんの夫。出演が決まった当初、夫婦そろっての朝ドラ出演に、宮古の同級生から祝福の電話が鳴りやまなかったという。「宮古生まれ、宮古育ちなだけに感激もひとしお。故郷の良い面、悪い面の両方を知っているが、宮古の心の温かさを伝えられるドラマにしたい」と話した。


 17日の池間島ロケでは、純の子ども時代の回想シーンを撮影。子役の安養寺可蓮さん(小6)に優しく語り掛ける「宮古のおじい」の姿を演じ切った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!