09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2013年1月17日(木)9:00

過去2番目多い1339万㌧/地下ダム水使用量12年

干ばつ影響、4087㌶の畑潤す


 2012年の地下ダムの水使用量は前年より39万㌧(3%)増えて1339万㌧に上ったことが、宮古土地改良区のまとめで13日までに分かった。過去6年間では、09年の1533万㌧に次いで多い。7月と10月に干ばつ傾向となり、使用量を押し上げた。地下ダムの水は現在、水を引く予定の畑約8200㌶の半分の4087㌶を潤している。


 宮古土地改良区によると、6月22日~7月16日まで、25日間少雨傾向が続き、サトウキビ畑のスプリンクラーがフル稼働した。月別の水使用料は7月の417万㌧が最も多く、年間使用量の3割を占めた。日別では7月16日の22万4000㌧が最大だった。

 農業用水は砂川、福里両ダムと仲原流域から揚水している。砂川の貯水率は7月25日に91・2%まで下がり、ほかの2カ所はほぼ満水だった。

 同改良区は干ばつ時のキビへのかん水は週に1回、10㌃当たり30㌧を指導しているが、中には2、3回かける人もいるという。

 同区では「キビは水を使い過ぎると、根の張りが浅くなり、倒れて枯れるキビが多くなる」と述べ、適正利用を呼び掛けている。

 地下ダムは、1993年7月に供用を開始した。その後、水の効果が表れ、冬場のハウス野菜や果樹など水利用高収益農業が進展。サトウキビや牧草の収量をも大きく増やした。地下ダムの水は干ばつ対策だけでなく、作物の成長促進のため周年使われるようになった。

 ファームポンド別の使用量は多い順に東山473万㌧、野原岳310万㌧、仲尾峰273万㌧、ピンフ岳225万㌧、ミルク峰56万㌧となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!