08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2013年3月27日(水)9:00

親子2代囲碁棋士へ/知念四段の次女 文佳さん院生に合格

 囲碁棋士楊嘉源九段、知念かおり四段=宮古島市出身=夫妻の次女文佳さん(10歳)が、日本棋院の院生に合格した。3月16日に試験があり、合格通知が22日に届いた。親子2代の囲碁棋士へ、期待が高まっている。


 文佳さんは、6歳のころに囲碁を覚えた。現在はアマ六段ぐらいの実力というから、上達がかなり早い。院生試験では、日本棋院の師範と対局し、力を認められた。

 文佳さんは「絶対合格すると思っていた。(師範の)先生とのテストの碁は、いい碁が打てた。合格できてうれしい」と感想。「院生になったので、囲碁を一生懸命勉強して、2年後ぐらいには入段したい」と目標を話した。

 院生の対局は、4月6日に始まる。土、日に囲碁を打ち、成績次第で囲碁棋士に採用される。年間の採用枠は男女の院生で競う一般枠3人、女性枠1人の計4人。プロへの道は、狭き門という。

 母かおりさんは「院生は、同じ目標を持つ人同士。いい影響を受けながら、伸びてほしい。棋士になれるかは、本人の努力次第」と檄を飛ばす。

 祖父の知念正夫さんは「かおりがプロになった時より、うれしい。プロになるまで、頑張ってくれると期待している」と、院生合格を喜ぶ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!