01/23
2022
Sun
旧暦:12月21日 友引 丙 
社会・全般
2013年7月13日(土)9:00

オクラ、スイカなどに被害/台風の強い風受け



露地栽培のスイカは強風にあおられた=12日、下地与那覇

露地栽培のスイカは強風にあおられた=12日、下地与那覇

 宮古島地方は12日、台風7号に伴う暴風が吹き、露地作物ではサトウキビやオクラなどが、被害を受けた。ハウスのマンゴーは熟した果実が多く、一部のハウスでは落下被害が見られた。農家は実が枝などに衝突する打撲被害も心配している。
 サトウキビは、葉が強い風を受けて裂け、茎が傾いたり倒れたりした。


 キビは生育旺盛期で、今の時期は、梢頭部が柔らかく折れやすいという。梢頭部の折損被害は特に春植と株出で懸念されている。
 雨は午後6時までに、平良下里で19・5㍉を観測した。サトウキビ関係者の一人は、塩害や干ばつ傾向を解消するぐらい降ってほしいと願った。


 オクラも収穫が行われている時期の襲来となった。JAによると、全体の出荷量の2~3割が残っている。オクラには、葉がちぎれたり、実がすれたりする被害が出た。地面に落ちた実もあった。
 下地与那覇では、旧盆向けに栽培しているスイカが、強い風にあおられた。露地作物ではパパイアの葉が吹き飛ばされ、バナナや葉野菜類も被害を受けた。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!