11/27
2022
Sun
旧暦:11月4日 友引 甲 
教育・文化 社会・全般
2013年8月4日(日)9:00

「すごーい」 「不思議だね」/親と子のお天気教室

各種実験に大きな歓声


空気砲から出る空気の圧力でシャボン玉を割る実験に挑戦する子どもたち=3日、宮古島市中央公民館

空気砲から出る空気の圧力でシャボン玉を割る実験に挑戦する子どもたち=3日、宮古島市中央公民館


 2013年度「親と子のお天気教室」(主催・宮古島地方気象台)が3日、宮古島市中央公民館で行われた。会場にはたくさんの親子連れが詰め掛け、地震による液状化現象や熱気球が浮く理由、竜巻の仕組みなどについて各種実験を通して学んだ。参加した子どもたちはいろいろな実験に興味津々の様子で「すごーい」「なぜだろう」「不思議だね」などの感想が聞かれた。



 主催者あいさつで鈴木和明台長は「見て、聞いて、体感して楽しい実験をたくさん用意しているのできょうの教室を自然やエコに興味を持つ機会にしてほしい」と呼び掛けた。

 同教室は、親子で楽しく自然現象を学び、自然災害から身を守ることや防災意識の高揚などを目的に開催している。
 教室では、はじめに2011年3月の東日本大震災時の津波で被災地の小学校の児童や教諭らが落ち着いた判断で無事に避難できたアニメが上映された。
 実験では、地震で地面がドロドロになる液状化現象、熱した空き缶を使った大気圧実験、空気の圧力を学ぶ空気砲実験などが行われた。

 そのほか、展示コーナーでは南極の氷や気象測器などが展示され、子どもたちは南極の氷が溶ける音を聞いて「ぱちぱち音がする」と歓声を上げ大喜びだった。
 東小3年の佐久本心さんは「空気砲の実験で普段は目に見えない空気が煙になって見えたのがとても面白かった」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!