10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2013年8月16日(金)9:00

干ばつ解消へ恵みの雨/宮古島地方

宮古島、伊良部島全域に降雨/狩俣、西原で30㍉


宮古本島北部では1時間に30㍉程度の雨が降った=15日、平良西原

宮古本島北部では1時間に30㍉程度の雨が降った=15日、平良西原

 宮古島地方で15日、局地的に激しい雨が降った。宮古本島北部の上空を発達した積乱雲が通過し、平良狩俣、西原では1時間に30㍉程度の激しい雨が降り、干ばつ解消に向けて恵みの雨となった。伊良部でもまとまった降水があった。そのほか城辺、下地、上野でも降水量としてはわずかだが雨が降り、一定程度干ばつが緩和された。宮古島地方は16日以降も一時的な雨が予報されている。


 本島北部、特に狩俣、西原で激しい雨が観測されたのは正午すぎ。広い範囲で大粒の雨が降り、一部の畑や道路は冠水した。

 車両のドライバーは雨で数㍍先の視界が遮られているために徐行。ヘッドライトを点灯させて慎重な運転を心掛けていた。

 宮古島地方気象台によると、各地の降水量は▽平良下里11㍉▽平良鏡原7㍉▽城辺2・5㍉▽下地島空港7・5㍉-。宮古本島各地で降水を観測する一方で多良間島はゼロだった。

 本島北部に雨量計はないが、レーダー解析の結果として、1時間に30㍉程度の激しい雨が降っている。

 池間島を含めて本島北部は前日もまとまった雨を観測しており、干ばつの解消が期待される。

 これらの地域に比べると少量だが、城辺や下地、上野でも雨が降った。城辺地区では1時間程度降り続いた地域もあった。

 製糖工場の職員は「(宮古本島)全体で雨が降っているので干ばつ緩和に向けて期待できる」とし、さらなる降水に期待。「50㍉はほしい」と話した。

 気象台によると、16日以降の1週間の予報はほとんどが「曇り一時雨」。降水確率は17日が70%で、18日以降は50~60%。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!