09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2013年8月21日(水)9:00

全域で干ばつ解消へ/宮古島地方

19、20日にまとまった雨/農家、台風の雨に期待


まとまった雨で道路に水たまりができた=20日、平良

まとまった雨で道路に水たまりができた=20日、平良

 宮古島地方に19日から20日にかけて、台風12号の影響でまとまった雨が降った。宮古島の北部や伊良部、多良間の干ばつは解消。宮古島の城辺や上野、下地でも緩和された。21日朝に最接近する台風は大雨を降らすとみられ、同日にも宮古全域で干ばつ解消となりそうだ。


 宮古島地方気象台は20日午後6時~21日午後6時までの24時間雨量は100㍉、1時間の最大雨量は50㍉を予測。21日は台風が強い雨をもたらす見込む。

 19日の各地の24時間降水量は多良間仲筋で46・5㍉、下地島30・0㍉、平良下里13・0㍉、城辺で11・0㍉を観測した。20日は午後6時までに多良間仲筋で12・5㍉、下地島10・0㍉、平良下里9・0㍉、城辺で8・0㍉降った。

 城辺の2日間合計の雨量は19・0㍉。新城集落の農家は「お湿り程度しか降っていない」と述べ、台風に伴う雨に期待を込めた。

 多良間には、先月12日に接近した台風7号の雨が86・5㍉降った。サトウキビはその時の雨で持ちこたえ現在、干ばつ被害は出ていない。多良間では、ひと雨ほしい所にタイミング良く降った。伊良部の下地島では、10日から19日午後6時までに69・5㍉を観測した。糖業関係者は「干ばつ被害の拡大を心配していたが、ひと安心」と表情を緩めた。

 平良の西原から北一帯には、10日から片降りが続いた。狩俣の農家は「干ばつは解消した」と見方を示したものの「もう少し降ってほしい」と台風の雨に期待する。フル稼働していた大型かん水トラックは、雨模様の天気が続き、稼働率が低下した。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!