10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
産業・経済 社会・全般
2013年9月29日(日)9:00

キビ新植夏植に影響/1カ月近く少雨

農家「ひと雨ほしい」


芽が出たばかりの新植夏植にかん水する農家=28日、城辺

芽が出たばかりの新植夏植にかん水する農家=28日、城辺

 宮古島地方は8月21日の台風に伴う雨で干ばつが解消し、一息ついていたところ、9月は雨が少なく、農家は天気に一喜一憂している。2週間ほど前に植えたキビは発芽率が低く、農家は補植作業に懸命だ。乾いたキビ畑に自主かん水する農家も見られるようになった。

 夏植えは10月まで行われるが、雨が降らないため中断している農家が多い。

 城辺の50代の男性は、植え付けを40㌃残している。「北風が吹き気温が下がると、発芽率が低下する」と懸念。「1日も早く、ひと雨ほしい」と話した。

 城辺の75歳の農家は28日、軽トラックに積んだ水タンクからホースを延ばし、芽が出たばかりのキビ畑にかん水した。「7、8月の干ばつの時も大変だったが、一難去ってまた一難。農家は天気との戦いだよ」と渋い表情だった。

 宮古島地方気象台によると、9月に入って27日までに平良下里(気象台)で観測した降水量は157㍉と、平年の230㍉と比べ約3割少ない。そのほかの各地の降水量は城辺102㍉、下地島131㍉、多良間が50㍉。城辺では2日に接近した台風17号の86・5㍉以降、1カ月近くほとんど降っていない。

 9月は太平洋高気圧に覆われた日が多く、台風に伴う雨も少なかった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!