10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2013年12月22日(日)9:00

北海道と宮古の味覚一堂に/海中公園で初の物産フェア

エビのすくい取りなど人気


家族連れなどでにぎわっている「うまいものフェアー」=21日、宮古島海中公園

家族連れなどでにぎわっている「うまいものフェアー」=21日、宮古島海中公園

 北海道と宮古の物産を一堂に集めて21日、宮古島海中公園で「うまいものフェア」が始まった。31日まで。北海道のコーナーには毛ガニや生ズワイガニなど旬の味覚をはじめ約60種類の特産品を満載。宮古の物産はすくい取りさせているクルマエビや海ブドウ(有料)などが好評を博していた。


 海中公園での物産フェア開催は初めて。同フェアは宮古や北海道の物産を取り扱う「クレオ」(本社京都府、仲辻智昭代表)などとと海中公園が共同企画した。

 会場は子ども連れや観光客で終日にぎわった。

 北海道の物産は毛ガニやズワイガニ、数の子「松前漬け」、イクラ、コンブ、有名な菓子「とうきびチョコ」、「北海道ラーメン」などがずらり。

 ズワイガニを買った50代の男性は「今晩はカニの鍋物料理をさかなに、泡盛を飲みたい。北海道産はおいしいと定評があるので楽しみ」と笑顔いっぱいだった。

 狩俣貞光さんは、エビのすくい取りを目当てに孫と訪れた。まずは狩俣さんが孫に手本を見せるため水槽にこし網を入れて7匹をゲット。孫の涼斗君は5匹を取り、成果に満足そうだった。

 宮古の物産は黒糖やカツオ節、マグロ節、モズク、アロエのドリンクなどを展示販売している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!