10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2015年4月17日(金)9:00

多良間でベニバナ満開

鮮やかな色で島彩る


鮮やかに咲くベニバナ(俗称・タラマバナ)=16日、多良間

鮮やかに咲くベニバナ(俗称・タラマバナ)=16日、多良間

 【多良間】タラマバナ(多良間花)の異名を持つベニバナ(紅花、キク科)が多良間島で先月から開花し、4月に入ってから見頃を迎えている。花は咲き始めは真っ黄色だが、徐々に紅色に変わり、鮮やかな色で風景を彩っている。

 染料原料や観賞植物として非常に価値が高い。紅花は「こうか」とも読む。アザミにも似た1年草または越年草。

 
 多良間島に住む運天幸子さんは紅花の栽培歴約30年。「たらま花保存会」を立ち上げ、栽培拡大や普及活動に力を入れている。「これからも絶やさないように守っていきたい」と意気込む。

 日本では、ベニバナの一大産地は山形県。飛鳥時代(6世紀後半~8世紀初頭)に原産地のエジプトなどからシルクロードを経て渡来したとされる。

 宮古では、古い時代から多良間島がベニバナの産地として知られる。

 「朝鮮王朝実録 琉球史料集成(訳注篇)」によると、1497年、多良間島の船が朝鮮に漂着した。乗組員は10人であったが、不幸にして6人が死亡。朝鮮の質問に対し、漂流民は「わが島は紅花多く産し」と答えている。同島では、少なくとも15世紀末には紅花が栽培されていたことがうかがえる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!