11/27
2022
Sun
旧暦:11月4日 友引 甲 
社会・全般
2016年2月22日(月)9:03

ミャークフツの普及目指す/ボランティア養成講座終了

58人に認定証交付


58人が「すまふつボランティア」の認定を受けた最後の養成講座=21日、県宮古合同庁舎

58人が「すまふつボランティア」の認定を受けた最後の養成講座=21日、県宮古合同庁舎

 ミャークフツ(宮古方言)継承者を育成する「すまふつボランティア養成講座」の最終講座(第9、10回)と、すまふつボランティアに対する認定式が21日、県宮古合同庁舎で行われ、同講座を6回以上受講した58人の受講者に「すまふつボランティア」の認定証が交付された。また、この日の講座は、シンガー・ソングライターーの下地イサムさんが「ミャークフツでの曲作り」をテーマに講話し、受講者を喜ばせた。



 認定式で、市文化協会の大城裕子会長は「この講座で宮古方言は言葉として豊かで素晴らしいものであることが再認識できたと思う。認定証を受けた『すまふつボランティア』の皆さんには、これからも各種活動で宮古方言の輪を広げてほしい」と呼び掛けた。


 大城会長によると、県内の他地域の講座は、定員が20~30人程度に対し、宮古は定員を70人に設定したところ、すぐに定員に達したという。


 70人の定員のうち、開催した10回の講座で、6回以上受講した58人が「すまふつボランティア」の認定を受けた。また、この日は58人を代表して、10回すべての講座を受講した29人に認定証が交付された。


 受講生代表あいさつでは、嵩原誠人さんが「今回の講座で驚いたのは、まさかフランス人から宮古の方言のことを学ぶとは思わなかったし、受講生は方言を話せない若い世代かと思ったが、意外に年配の人たちが多かった。5人の素晴らしい講師の方々の講話でいろいろなことが学べて良かった」と振り返った。


 今回の講座は5人の講師が、宮古方言について講話。第1回目は、京都大学大学院博士課程在学中のセリック・ケナンさんが講師を務め、日本語とはまったく違う宮古語の独立性について紹介した。


 すまふつボランティアに認定された受講生は、今後、各種イベントで宮古方言の普及活動の推進に向けた取り組みを展開していく。


 この講座は県と県文化協会が主催。市教育委員会が共催し、市文化協会が主管して開いている。ミャークフツが消滅の危機にあることを踏まえて、普及活動の推進を図ることを目的に実施された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!