10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
イベント 社会・全般
2017年10月5日(木)9:06

各地で十五夜まつり/狩俣では大綱引き

住民ら500人参加、西が勝利


力の限り大綱を引く参加者ら=4日、狩俣

力の限り大綱を引く参加者ら=4日、狩俣

 狩俣地域の豊年祭(主催・狩俣自治会)のメインイベント、「十五夜大綱引き」が4日夜、県道の一部区間を一時通行止めにして行われた。照明灯の明かりの中、東西に分かれ、長さ約80㍍、直径約20㌢の綱を約500人が引いて無病息災、豊漁・豊作を願った。熱戦の末、西が勝ち、豊漁が約束された。

 大綱引きの開始前には、狩俣小学校の子供たちが元気はつらつとエイサーを披露。また狩俣幼稚園の園児たちが元気いっぱいに踊りを繰り広げた。観客らは、カメラに収め大きな拍手を送っていた。

 民謡三線ショーでは国士舘大学の学生20人らが楽しく舞い踊った。同大学は3年連続の参加。観客らは、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

 大綱が会場に運ばれると熱気に包まれた。参加者らは綱に結びつけられた細い綱を握り、「ワッショイ、ワッショイ」と引っ張り合った。全員が勝ち負けに拘らず笑顔で無事終了した。

 同自治会の久貝正吉会長は「お互いに引き合う姿が勇ましく、ものすごく迫力があった」と興奮冷めやらぬ表情で語った。

 狩俣小学校の上里啓美校長は「きょうは地域の十五夜行事ということで、授業は早めに終わらせた。園児6人、児童37人が参加し、よく頑張った」とたたえた。

 島尻地域に住む新垣琉愛さん(6年)、高橋楓君(同)、新垣楓華さん(2年)の3人は初めて参加。3人は今年4月から狩俣小学校に通い、友達と一緒にエイサーで盛り上げた。

 3人は「お友達がたくさんできたので、とても楽しかった。エイサーは上手にできた」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!