09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2018年3月9日(金)8:56

農水大臣賞など祝う/県野菜品評会

県野菜品評会などで入賞し祝福を受けた受賞者の皆さんと関係者=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

県野菜品評会などで入賞し祝福を受けた受賞者の皆さんと関係者=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

関係者が受賞の喜び共有
 

 

おきなわ花と食のフェスティバル野菜品評会で農林水産大臣賞を受賞した上地宏明さんらを祝う会が7日午後、JAおきなわ宮古地区本部であった。多数の関係者が参加して受賞の喜びを共有。併せて宮古島産野菜のブランド化促進に向けて決意を新たにした。
 

 野菜品評会では、上地さんがサヤインゲンで金賞と農林水産大臣賞を受賞したほか、仲宗根稔さんがトウガンで金賞、内閣府沖縄総合事務局長賞に輝いた。
   
 そのほか、銀賞は砂川勝彦さん、宮国辰彦さん、下地敏彦さん、砂川博昭さんの4人。銅賞は、安田勝男さん、新里高一さん、島尻秀樹さんが受賞した。
 

 また、県農林漁業賞で川満幸一さん、野菜産地活動表彰ではオクラ専門部会が沖縄ブランド化貢献部門で表彰されている。
 

 受賞祝賀会を開いたJA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会の池間義光会長は「受賞は生産者の皆さんの日ごろの努力と関係機関の指導のたまもの」とたたえ、「日々のたゆまぬ努力が評価されたことをみんなで祝福し、野菜の生産拡大と発展につなげよう」と来場者に呼び掛けた。
 

 受賞者紹介の後、下地敏彦市長をはじめ県宮古農林水産振興センターの植田修所長、JAおきなわの大城勉代表理事理事長が来賓祝辞を述べ、それぞれの生産技術と努力をたたえた。
 

 受賞者を代表して上地さんがあいさつし、「思いもよらぬ賞を受賞することができた」と喜び、「これからも自信と勇気をもって栽培に取り組み、感動を与えられる野菜を生産していきたい」と決意した。
 

 祝福に駆け付けた参加者は栄えある受賞を祝うとともに、宮古における一層の野菜振興に期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!