08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
社会・全般
2018年5月19日(土)9:00

利用者は7万2000人/17年度JTAドーム宮古島

収入は計画比で大幅減 管理運営、厳しい1年に


供用1年目の17年度は7万2000人余が利用したJTAドーム宮古島=16日、平良下里

供用1年目の17年度は7万2000人余が利用したJTAドーム宮古島=16日、平良下里

 宮古島市観光商工部交流推進課はこのほど、昨年4月に供用を開始したスポーツ観光交流拠点施設「JTAドーム宮古島」の年間利用者数をまとめた。延べ7万2216人、月平均で6018人が利用した。同課では「初年度としてはいろいろなイベントを開催することができた。市民の利用も多かった」と前向きに総括している。ただ、集計中の「使用料」(収入)は計画と比べて大幅に落ち込む見通しだ。新年度予算に計上した使用料は前の年度の約6割減。当初計画と大きくかけ離れた1年目の実態が浮かび上がっている。


 交流推進課がまとめた利用実績によると、メインアリーナは6万7579人が利用した。会議室は4633人。施設前のみーや広場の利用は4人だった。

 アリーナの月別利用状況を見ると、最も利用者が多かったのは11月の2万5276人だった。産業まつりの開催が大きく、2万人以上を集客している。
 5月は6867人、8月には5192人が利用している。そのほかの月は2000~4500人。

 アリーナの利用目的は▽グラウンドゴルフ▽フットサル▽ゲートボール▽保育園の運動会やおゆうぎ会-が主だった。産業まつりのほか、トライアスロンの開会・閉会式、音楽のライブコンサートなどのイベントでも利用された。

 天候の影響を受けない全天候型施設の利点が生かされており、新年度も同様のスポーツ、イベントでの利用が見込まれている。

 交流推進課の平山茂治課長は「初年度にしては、いろいろなイベントを開催できたと思う」と話し、営業活動の成果が一定程度表れたという総括に加え、「市民も子どもからお年寄りまで幅広い年齢層が利用してくれた」と振り返った。

 供用2年目は「文化祭など地域のイベント開催が予定されている。子ども向けのイベントも積極的に打ちたい」と話し、ドームの利用促進を図る考えだ。

 一方、収支の面では厳しい実績となった。具体的な数字は6月中にもまとめるが、すでに市は18年度当初予算の「使用料」を前年度の1100万円余から415万円余に減額して計上している。理由として「使用料の落ち込み」を挙げ、公共団体や園児、高齢者の利用時に適用できる使用料の減免措置が「予想以上に大きかった」としている。平山課長は「市民が使いやすいようにもともと高い料金設定ではないが、当初の見込みより少ないのは課題になる」と話した。収支計画に関しては、市議会でも取り上げられ、複数の市議が計画の見直し等を求めている。市は「まだ1年であり、あと数年は状況を見たい」(18年3月の議会答弁)としており、現段階での見直しは考えていない。今後の利用状況を見ながら検討する考えだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!