09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2018年7月23日(月)8:56

職人技に歓声上がる/宮古島漁協青壮年部

朝市でマグロ解体ショー


多くの市民や観光客が訪れ大物マグロの解体ショーに見入った朝市=22日、荷川取漁港

多くの市民や観光客が訪れ大物マグロの解体ショーに見入った朝市=22日、荷川取漁港

 宮古島漁協青壮年部(平良一訓部長)の「海人(うみんちゅ)ファミリー朝市」が22日、荷川取漁港の宮古島漁協直売所で行われた。会場には朝9時の開始から多くの市民や観光客が訪れて、宮古島近海の海の幸を味わいながら楽しいひとときを過ごした。


 この日は、アーサ汁の無料配布やサザエのつぼ焼き、モズク、魚の天ぷらなどが安価で販売され、開始と同時に売り場には長蛇の列ができた。

 平良部長は「この試みは地元の海の幸を地元の人たちに消費してもらうことも目的にしている。モズクやアーサ、マグロなど、宮古の海の恵みを味わってほしい」と呼び掛けた。

 父親に肩車されて、マグロの解体ショーを楽しんだ池原颯太くん(3歳)は「マグロは大好き。こんなに大きなマグロの解体を見るのは初めて。おいしそうな刺し身を食べてみたい」と話した。

 父親の徹さん(38)は「大きな魚の解体ショーはなかなか見る機会はない。子どもも喜んでいるし、とても良い経験になる。こうしたイベントは今後も継続してほしい」と語った。

 用意されたマグロ丼などは一気に完売。新鮮なマグロを味わった60代の男性は「やっぱり宮古のマグロが一番うまいよ」と笑顔だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!