08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
社会・全般
2019年2月24日(日)8:57

コウノトリ滞在333日/伊良部

「花嫁候補」の飛来期待
 
 

滞在日数を更新中のコウノトリ=23日、伊良部

滞在日数を更新中のコウノトリ=23日、伊良部

 伊良部で確認された国指定特別天然記念物、コウノトリ(コウノトリ科)は23日で滞在333日を迎えた。雄5歳で、足環(あしわ)の識別番号はJ0067。佐和田の浜の干潟を中心に採食行動をしている。コウノトリが干潟を餌場にするのは珍しいとされ、国内では初めてとの見方もある。2~7月は繁殖期。佐和田自治会(川満光則会長)などでは「花嫁候補の雌が早く訪れてほしい」と願っている。


 コウノトリの長期滞在は、佐和田の浜の干潟が豊かな餌資源であることが要因と見られる。

 同自治会は昨年、コウノトリを「佐和田幸田(こうた)」と命名し、特別住民票を交付。オリジナルのコウノトリTシャツも販売する予定だ。

 コウノトリは2013年4月10日に兵庫県豊岡市に生まれて巣立った。宮古島までの直線距離は約1500㌔あり、奄美大島を経由して昨年3月28日に池間島に飛来した。数日後に伊良部へ移動した。

 豊岡市のコウノトリ湿地ネット事務局の森薫さんとコウノトリ研究を続ける大阪真希さん(中央大4年)が19日に来島。21日、伊良部でコウノトリを確認した。1年ぶりの再会に森さんは「伊良部の皆さんが温かく見守り、とてもうれしい。全国で約150羽のコウノトリが生息しているが、名字を貰ったのは佐和田幸田だけ。感動した」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!