01/28
2022
Fri
旧暦:12月26日 先勝 辛 
社会・全般
2019年6月20日(木)8:54

【がんずううやき】久貝ツルさん(90)(城辺字友利)

糸作りが健康秘けつ


久貝ツルさん

久貝ツルさん

 「小学生の時に、お母さんから宮古上布の原材料となる緯糸(よこいと)を指先でよりながらつないでいく技術を学んだ」と振り返り、亡き母に感謝する。

 その上で「今もブー(苧麻)から繊維を採って糸を績(う)んでいる。長年の手仕事が健康の秘けつである」と笑顔で語った。

 宮古上布は国指定の重要無形文化財で、その文化財を支えている。久貝さんは、市民が誇る糸績み技術者の一人。

 「趣味のゲートボールを通し、友達は多くなった。伊良部の友達との再会も楽しみ」と
強調した。

 家庭菜園で作る新鮮な野菜は、子供や孫、ひ孫たちへの贈り物とて喜ばれる。「ニンジン、ダイコン、ナス、ピーマンなどを作っている。旬の収穫時期に合わせてプレゼントするので、皆が喜ぶ」と穏やかな表情で語った。

 「25歳になったら結婚するという孫娘がいる。彼女が『赤ちゃんが産まれたら、最初はおばぁに抱っこさせる』と言うから、とてもうれしくて」と声を弾ませた。

 子供6人、孫17人、ひ孫14人
 1929(昭和4)年5月10日生まれ


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!