10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2019年9月28日(土)8:59

砂川カズ子さん最優秀

事故ない安全な島訴え
高齢者交通安全意見発表


各地区の代表が交通安全について意見を発表した。前列中央が最優秀賞に選ばれた砂川さん=27日、市未来創造センター

各地区の代表が交通安全について意見を発表した。前列中央が最優秀賞に選ばれた砂川さん=27日、市未来創造センター

 第12回高齢者交通安全意見発表大会(主催・宮古島署、市老人クラブ連合会など)が27日、市未来創造センターであり、各地区の老人クラブの代表5人が発表した。「交通安全・飲酒運転根絶」と題して「交通事故のない安全な宮古島を築こう」と呼び掛けた城辺支部の砂川カズ子さんが最優秀賞に選ばれた。


 意見発表大会は高齢者を取り巻く交通問題を自ら考え交通安全に対する意見を発表することで高齢者自身の自覚を促し、交通安全の意識高揚、事故防止を図ることを目的に開かれている。

 宮古島警察署の上運天幸徳署長は「今年9月までに管内で発生した人身事故は80件。そのうち高齢者が加害者、被害者となったのは26件で全体の約3割を占める。発表者の皆さんがこれまでの経験を多くの市民に伝えることで交通安全意識が高まることを期待している」と激励した。交通安全協会の新里孝行会長、老人クラブ連合会の喜屋武盛吉会長も激励した。

 砂川さんは公共交通機関が路線バスだけの宮古島では運転免許を取得し自家用車を使うことが生活の一部になっていると指摘し、「私たちの宮古島では車は最も必要な必需品。だからこそ車を運転するときは交通安全に気を付けなければならない。車は大変便利で快適な乗り物だが一つ間違えれば凶器に変わることを常に意識し、目配り気配りの運転をしなければならない」と訴えた。また「自分の体力の衰えを十分認識し頑固にならず、周りから運転が危ないと言われたら、運転免許証の返納を考える時期」や「飲酒運転は罰金だけでなく、車が運転できないと宮古島では仕事ができない。家庭崩壊になる。宮古島は祝い事が多く酒を飲む機会が多い。だからと言って飲酒運転をしていいはずがない」と呼び掛けた。

 他の発表者も生活に欠かせない車と運転免許証の返納、体力の衰えなど高齢者ならではの悩みを取り上げ交通安全について自らの体験や考えを発表した。

 審査の結果、砂川さんが最優秀賞、仲間シゲ子さん(平良支部)、浦崎栄子さん(伊良部支部)、洲鎌澄子さん(下地支部)、佐藤祐二さん(上野支部)が優秀賞に選ばれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!