10/20
2021
Wed
旧暦:9月15日 大安 辛 
人生雑感
2012年6月30日(土)22:19

理想的父親像、父親の役割は何ですか

日本親業協会親業インストラクター 福里 盛雄


1 今日の社会の秩序の乱れの大半は父親の責任である

 今日の子供たちは、自制力を失っている子が多い。それは今日の社会の病的弊害に起因すると簡単に片付けるのが、一般的な考え方である。しかし、それでは社会は改善しません。どんな社会でも、その社会に対して人間として歩むべき道からはずれないように、子供には積極的建設的に生きる力を身につけることが大切である。


 社会はその人の望む通りにできていません。あるときは、その人の考えをいとも簡単に無視する不条理なことが、発生します。それが私たちの社会ではないでしょうか。そんな矛盾だらけの現実に耐えて忍耐強く自分の正しいと確信する生き方を貫くことが必要であると考えます。それがその子の品格です。子供の品格は、生まれながらにしてその子が取得している要素もあるが、大方の品格は生まれた後、社会生活を営む中で習得していきます。子の責任感のある自制力のある子に育て上げるのが父親の喜びと誇りであり、また父親の責任と言えます。そのような父親の責任感の達成によって子供は幸せに成長していきます。

 ルソーは「子供を不幸にするいちばん確実な方法は何か。それをあなたがたは知っているだろうか。それはいつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ」と述べています。これでは、子供は我慢することと忍耐することを学ぶ機会を失ってしまいます。

 子供はしたいことでもしないで断念する勇気と、したくなくてもよいことは積極的に実行する決断力を習得しなければなりません。その力をつけてあげるのが、大方父親の役割だと考えます。

2 理想的父親になるためには、父親はどんな生き方をすればよいのでしょうか

 父親たちには多種多様の生き方があると思いますが、子供に影響を与えやすい共通な生き方を挙げるとすれば、まず第一は、子供とよく遊ぶこと。子供は父親との遊びの中で、父親の愛情に触れることができます。子にとって父親の強さ、人間的大きさに接する良い機会となります。子供も父親に自分という人間を知ってもらえる良い機会となります。

 第二には、しっかりした価値観を確立していること。堅固な価値観を確立している父親は付和雷同せず、人生の自分の目的に一途に頑張ります。その父親の背中こそ子供にとっては生きていく手本です。

 第三として挙げることは、愛の豊かな父親であること。どんなに学問的知識があっても、どんな高い地位についても、その人が富を蓄積していても、その人が豊かな愛を心の中に蓄えなければ、知識の豊かさはその人を傲慢にし、その地位の高さは権威を乱用し子供たちを苦しめます。愛はすべてのものの土台であり、私たちの社会生活を幸せに営むための基本です。自己中心的でなく、他人とは寛容・親切・善意な態度で接し、連帯と協調性を持つこと。自分に対しては誠実・忍耐・自制心を課す。このような愛を、幼少から父親は教え込まなければならない。これが父親の崇高な責務であります。このことが父親の子のしつけです。幼少のときに十分なしつけをしておけば、子は大きくなってもその教えからそれることはしません。父親が子のしつけに失敗すれば、父親としては不幸な人と言われなければならないでしょう。その意味でも父親の役割は大きいと思います。

 しつけに成功すれば、社会的に偉大なる事業を成し遂げた立派な父親であり、理想的父親だと褒めたたえるでしょう。しつけはすぐには効果は出ないが、子の未来に花を咲かす父親の役割です。

カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!