07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
人(ひと)
2018年4月8日(日)8:54

【ひと】宮古島警察署長/前花勝彦さん(55歳).

交通死亡事故に歯止め


前花勝彦さん

前花勝彦さん

 今年に入り交通死亡事故が連続して3件発生していることに触れ「交通指導取り締まりを強化し、ボランティアと連携して広報啓発活動を推進。死亡事故の発生に歯止めをかけたい」と話す。交通死亡事故連続発生非常事態宣言中でもあり、短期間ではあるが、白バイによる指導取り締まりを実施する。

 着任後、飲酒に絡む事案や路上寝が目に付くという。適度な飲酒を心掛けてもらう「美ぎ酒飲み運動」も継続して取り組んでいく。

 宮古島勤務は2回目。1996年から98年まで、警備係長として勤務した。20年ぶりの宮古島に「とても懐かしく感じた」との印象の一方、街並みもかなり変化していることを挙げ「地域の情勢変化を敏感に感じ取って業務に反映させ、ボランティアとも連携して、管内の安全安心のため全力を尽くす」と抱負を述べた。

 「若い人たちがのびのびと仕事をし、力を発揮してもらえるような、風通しの良い職場環境をつくっていきたい」と意欲をみせる。

 再び宮古島で勤務することをうれしく、またこの島で仕事ができることを楽しみにしている。

 任期中に「ウオーキングやサイクリングを始め、宮古島の自然を楽しみたい」とプライベートの生活面も楽しみにしている。

 前花 勝彦(まえはな・かつひこ) 1962(昭和37)年12月8日生まれ。55歳。石垣市宮良出身。沖国大卒。83年に県警本部に採用。96年宮古島署警備係長。2001年本部署交通課長(警部昇任)。11年交通規制課次席(警視昇任)。17年交通機動隊長を経て18年3月30日付で宮古島署長。

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!