05/17
2022
Tue
旧暦:4月17日 友引 庚 
行雲流水
2018年8月4日(土)8:54

【行雲流水】(はやぶさ2).

 「日本代表、全員メダル=国際物理、化学五輪で高校生9人」7月30日、時事通信社の配信です。記事はポルトガルで開かれた国際物理オリンピックとスロバキア、チェコ両国で開かれた国際化学オリンピックで日本の高校生代表9人全員がメダルを獲得した、と文部科学省と特定非営利活動法人物理オリンピック日本委員会との共同発表を伝えている

▼通信社はメダルを獲得した高校生代表の出身校と氏名を報じているが詳細を知るため文部科学省のホームページを開き物理オリンピックの代表選考の厳しさに触れた

▼参加資格が大学入学前と規定される代表選考は2段階からなる「物理チャレンジ」をクリアすることを求める。最終的には第2チャレンジに進んだ100名の中から成績優秀な12名が7カ月にわたる通信添削、実習、合宿研修、教育研修の結果を踏まえて5名の最終選考が決定する。

▼8日間の大会日程も試験とエクスカーションで埋められている。ここでのエクスカーションは専門家と参加者の間で質問と解説がなされる学術的に高度な場所だと思える

▼厳しい選考過程を経て国際大会に臨み金銀のメダルを獲得した日本の17歳の高校生たちを称えながら「はやぶさ2」に思いを馳せた

▼はやぶさ2は、はてしない暗黒の宇宙空間を足掛け4年の歳月を経て今年6月末「生命誕生のなぞを解明する」ものがあると期待される小惑星「リュウグウ」に到達した。世界の最先端を行く日本の科学技術の素晴らしさを思うと同時に高レベルの学問を目指して国際大会で活躍する高校生たちに日本の科学の発展を期待せずにおれない。来年のオリンピックに向けてのチャレンジが8月19日に国立オリンピック記念青少年総合センターで始まる。(凡)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!