06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
人(ひと)
2018年8月15日(水)8:54

【ひと】宮古島税務署長/古謝敏也さん(59歳).

適正、公平な税務事務執行


古謝敏也さん

古謝敏也さん

 11年ぶり2度目の古里勤務に胸が躍る。城辺は長南の出身だ。「宮古の人たちの団結力の強さが今も変わっていないことがうれしい」と生まれ故郷の魅力を誇った。

 適正かつ公平な課税に使命感を燃やす。「不正は許さない。これを見逃すと、真面目に納税している人は絶対に納得できないから」と気を引き締める。「厳格にやる」と繰り返し、差し押さえ等の滞納処分を確実に実行する構えを見せた。

 国税電子申告システムのe-TAXの普及拡大も重点事項だ。宮古管内の利用率は高いが、税務署に訪れてe-TAXを利用する人が後を絶たない現状を変えたい。

 「勉強会や意見交換会の開催など一歩踏み込んだ対応で普及を図る取り組みが求められる。分かりやすく、シンプルにすることを大切にしたい」

 来年10月には消費税引き上げと軽減税率制度が導入される。中小企業におけるレジの更新など制度前の周知と広報活動を喫緊の課題に挙げ、「準備期間は短い。行動を促したい」と意気込んだ。

 出荷量が減少の一途をたどる酒類産業への思いも熱い。「消費量を上げる工夫が必要だ。国税庁全体として展開している取り組みを今後も継続したい」と力を込めた。

 古謝 敏也(こじゃ・としや) 1958(昭和33)年生まれ。宮古島市城辺出身。77年に宮古高校を卒業し、同年4月に沖縄国税事務所総務課採用。2006年旧平良税務署で総務課長、09年税務大学校沖縄研修支所幹事、17年石垣税務署長、18年7月より現職。

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!