07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
ニュースウィークリー
2019年4月14日(日)8:54

【ニュースウィークリー】4月7日~4月13日.

岩屋防衛大臣が来島/陸自警備隊旗授与式に出席

 陸上自衛隊宮古島駐屯地(上野野原)で7日に行われる宮古警備隊への隊旗授与式に出席する岩屋毅防衛大臣が前日の6日、宮古島入りした。宮古空港では宮古地区自衛隊協力会などがバンザイで岩屋大臣来島を歓迎した一方で、宮古島への陸上自衛隊配備に反対する市民は抗議のシュプレヒコールを上げた。(4月7日掲載)

津波よけ豊年願う/上比屋で「ナーパイ」

 津波よけを願う伝統祭祀「ナーパイ」が、旧暦3月初めの酉(とり)の日に当たる6日、城辺砂川地区の上比屋(ウイピャー)山とその周辺で古式にのっとって行われた。参加した女性たちは、ダティフ(和名ダンチク)を潮が上がる境界線に突き刺し結界とし、その結界から津波が上がって来ないように願った。(4月7日掲載)

宮古警備隊へ隊旗授与/岩屋防衛大臣

 陸上自衛隊宮古警備隊への隊旗授与式が7日、同宮古島駐屯地(上野野原)で、岩屋毅防衛大臣が出席して行われた。宮古警備隊旗は岩屋防衛大臣から、宮古警備隊長兼宮古島駐屯地司令の田中広明1等陸佐に授与された。(4月9日掲載)

前浜ビーチで海びらき/市民や観光客が参加

 宮古島の夏の到来を告げる2019年「海族(かいぞく)まつり・第41回サンゴの楽園未来まで 集まれ! 遊ぼう! 宮古島の海びらき」が7日、与那覇前浜ビーチで開催された。東洋一といわれる白砂の浜には市民や観光客ら約2000人(主催者発表)が訪れ、青空から降り注ぐ南国の日差しと宮古ブルーの海を満喫した。(4月9日掲載)

運転代行料金4月から値上げ/連絡協「人件費、燃料高騰」

 運転代行業者10社が加盟する宮古島地区運転代行連絡協議会が、今月1日から料金を値上げしたことが分かった。改定後は基本料金が3㌔1000円、以降1㌔増えるごとに300円が加算される。池間会長は「人件費や燃料高騰のため、値上げすることになった。ご迷惑をかけることになると思うが、理解と了承をいただきたい」と話した。(4月10日掲載)

希望胸に新1年生/16小学校で入学式

 宮古島市内の15小学校と多良間小学校で9日、入学式が行われた。真新しい服を着た新入生たちは、在校生の拍手で迎えられ、希望を胸に新生活をスタートさせた。校長は「友達と仲良く遊ぼう」「あいさつをきちんとしよう」など、新入生たちに「約束」の実行を呼び掛けた。(4月10日掲載)

詐欺被害を未然防止/佐久本さんに感謝状贈呈

 宮古島署の上運天幸徳署長は10日、ファミリーマート中休店従業員の佐久本清美さんに感謝状を贈った。佐久本さんは、3月末に電子マネーを購入しようとした客に積極的に声掛けし、特殊詐欺被害を未然に防止した。(4月11日掲載)

「とうがんの日」1玉100円で即売/消費拡大キャンペーン

 4月10日は「とうがんの日」-。消費の拡大を図る宮古地区のキャンペーンが10日、JAファーマーズマーケットあたらす市場で開かれた。多くの市民が来店し、1玉100円の大特価トウガンを買い求めた。市場の周辺で振る舞われたトウガン料理も大人気。子どもからお年寄りまで、その美味に舌鼓を打っていた。(4月11日掲載)

男女の優勝候補が来島/第35回トライ大会

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会の国内および県内招待選手が11日、宮古島入りした。開催まで残り3日となり、31、32回大会で総合優勝した戸原開人選手(30)=茨城県、女子2連覇中の鷲津奈緒美選手(35)=神奈川県、昨年総合6位の菅沼伸哉選手(36)=沖縄県=らが来島。優勝を狙う有力選手らが大会への意気込みを語った。(4月12日掲載)

「国際診療室」を宮古病院に設置/外国人旅行者の緊急搬送対応

 外国人旅行者の緊急搬送などに対応するため、県立宮古病院は今月1日から「国際診療室」を設置した。県立病院としては初の取り組み。本永院長らが11日、会見を開き、「医療資源が限られた宮古医療圏において、住民と観光客の双方が安全に医療を受けられる環境整備の一環として設置した」と理由を説明した。(4月12日掲載)

開会式で選手決意/第35回トライ大会

 今年で35回目となる全日本トライアスロン宮古島大会の開会式・ワイドーパーティーが12日、JTAドーム宮古島で盛大に開かれた。選手宣誓では過去2回優勝し、昨年準優勝の戸原開人選手が「これまでの練習の成果を発揮し精一杯走り抜きたい」と力強く宣誓した。(4月13日掲載)

豪チーム、宮古で東京五輪事前合宿/県、市と覚書締結

 オーストラリアのトライアスロンナショナルチームが2020年の東京オリンピックに向けた事前キャンプを宮古島で行う。事前キャンプに関する覚書の締結式が12日、第35回全日本トライアスロン宮古島大会の開会式が行われる前のJTAドーム宮古島で開かれ、オーストラリアトライアスロン連盟と県、宮古島市の3者が覚書を交わした。(4月13日掲載)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!