07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
行雲流水
2016年4月19日(火)9:01

【行雲流水】(第32回トライアスロン大会).

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマに、「第32回全日本トライアスロン宮古島大会」は4月17日(日)に、宮古島と来間・伊良部・池間を結んだ宮古全域を舞台に、絶好な天気に恵まれて開催され、成功裡にその幕を閉じた

▼大会では、レースに挑戦するアスリートと、献身的に準備や運営に当たった役員や多くのボランティア、それに沿道の応援に駆けつけた市民がひとつとなった。まさに祭りであり、祭りだから、みんなが主役であった

▼この過酷なレースに人はあえて挑戦する。そこには、それぞれに期すべき思いが込められている。目標にしてきた栄光をつかむチャンスだ。自己の可能性を確認する。病気全快の証拠と家族への感謝のしるし。教え子たちに挑戦することの大切さを示す。職場の仲間と共にある喜びの延長だ。結婚や婚約、子どもの誕生の記念に。親しい宮古の人たちとの絆を大切に、続けたい

▼いずれも前向きな動機である。それに、自然発生的に市民が共鳴した。沿道は花々や提灯で飾られた。歌、クイチャーやフラダンスに獅子舞、パーランクーや太鼓の音、生徒たちのバンド演奏等が花を添えた

▼掲げられた激励の文字は、「目指せ完走」、「もうすぐゴールだ」、「頑張って、行っていらっしゃい」、「マイペースで頑張れ」など、その時々の走者に寄り添っていた。「ナンバー〇〇番の〇〇さん、がんばれー」の呼び掛けもなされた

▼ゴール付近では達成感をにじませたアスリートを囲む幾つもの輪が広がり、はなやいでいた。

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!