06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
行雲流水
2017年3月14日(火)9:01

【行雲流水】(まど・みちおの詩).

 童謡『ぞうさん』や『一年生になったら』の作詞で知られるまど・みちおに『ぼくがここに』と題する詩がある

▼「ぼくがここにいるとき/ほかのどんなものも/ぼくにかさなって/ここにいることはできない。もしゾウがここにいるならば/そのゾウだけ/マメがいるならば/その一つぶのマメだけ/しか、ここにいることはできない。ああこのちきゅうのうえでは/こんなに/だいじに/まもられているのだ/どんなものが/どんなところにいるときにも。そのいることこそが/なににもまして/すばらしいこととして」

▼すべての存在を誇りある存在として肯定している。『くまさん』は「-水にうつったいいかおみて/そうだぼくはくまだった/よかったな」

▼『ゾウさん』。「ぞうさんぞうさん/おはながながいのね/そうよかあさんもながいのよ」。この歌詞は自らの持つ他の動物との差異を肯定し、誇りとするものとされる。大好きな母さんも鼻が長いことで誇りは確固たるものになる

▼作者は「違っても仲良くしようではなく、違うから仲良くしよう」と言っている。「目の色が違うから、肌の色が違うからすばらしい。違うから仲良くしよう」ということである。すべての存在はかけがえのないものであり、その多様性が世界を豊かにしているということであろう


▼それにしても、こんな易しい言葉で本質を深くとらえていることに驚く。まど・みちおは百歳の時に語っている。「どんな小さなものでも、見つめていると、宇宙につながっている」

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!