08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
環境・エコ
2021年10月29日(金)8:59

宮古海峡に大量の軽石/海保が発見、注意喚起

広範囲に漂着の恐れも

大量の軽石が沖縄本島の広範囲に漂着している問題で、第11管区海上保安本部が27日に上空から調査したところ、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡で、帯状になった軽石が12カ所で確認された。潮流の流れによっては宮古島や多良間島に漂着する恐れがある。同部は、沖縄本島近海に多数の軽石が漂流しているとして、付近を航行する船舶に注意喚起している。

同部は27日午前11時から1時間、航空機から調査を行い、沖縄本島から南西に帯状になった軽石を発見した。発見個所以外の海域にも広く漂流している可能性があるという。

船舶に対しては、軽石などを発見した場合、可能な範囲で迂回(うかい)することや、定期的なストレーナ(海水系統のこし器)の確認による不具合の早期発見に努めることを呼び掛けている。

軽石は、小笠原諸島の海底火山噴火の影響によるものと見られている。今月中旬から、本島北部を中心に、南部や西海岸など県内25市町村、15漁協に漂着が確認されている。

県内では、養殖魚が大量死したり、漁船のフィルターに軽石が詰まってエンジンが故障する事例が報告されている。漁業のみならず、グラスボートの運航休止やマリンレジャーの休止など観光業にも影響が出ている。

県は27日、緊急対策会議を開いた。県庁内に対策チームを設置し回収方法を検討するほか、回収費用などの補助を国に要望する方針を確認した。

宮古島漁業協同組合の栗山弘嗣組合長は「宮古にも漂着するのではと毎日心配している。今はモズクの網を張る時期。漁船が出せない事態になると大打撃になる」と危機感を募らせた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!