09/25
2022
Sun
旧暦:8月30日 先勝 辛 
スポーツ 政治・行政
2021年11月13日(土)9:00

伊良部野球場 メインスタジアムが稼働

来月末にこけら落とし/20億円余投じプロ対応

 

工事が完了し、9月から供用開始されているメインスタジアム。12月末にはこけら落としも予定されている=12日、伊良部佐和田

工事が完了し、9月から供用開始されているメインスタジアム。12月末にはこけら落としも予定されている=12日、伊良部佐和田

市が伊良部佐和田で進めている伊良部野球場整備は野球場本体(メインスタジアム)の工事がこのほどすべて終了し、外野に張られた芝の養成も終えて9月24日から供用開始されていることが分かった。市では12月20日から同球場などで予定されている東京六大学準硬式野球連盟の宮古島ウインター対抗戦の中で、このメインスタジアムの「こけら落とし」を予定している。

市が伊良部佐和田で進めている伊良部野球場整備は野球場本体(メインスタジアム)の工事がこのほどすべて終了し、外野に張られた芝の養成も終えて9月24日から供用開始されていることが分かった。市では12月20日から同球場などで予定されている東京六大学準硬式野球連盟の宮古島ウインター対抗戦の中で、このメインスタジアムの「こけら落とし」を予定している。

市都市計画課によると、すでに球場本体については10月に宮古総合実業高校が活用したほか、宮古島ドリームズ硬式野球部も今月5日に利用し、きょう13日も利用を予定している。

来月のこけら落としについては、同野球連盟のウインター対抗戦が20~23日の4日間予定されていることから、その期間中に調整して実施される見込みとなっている。

野球場整備は2019年度に着手。20年度末までに野球場本体、スポーツ交流棟を整備する計画だったが、野球場本体の工事が、やや遅れた。管理棟やミーティングルーム、ケータリング施設が入るスポーツ交流棟もすでに完成してる。

今年度では投球練習場、室内練習場、22年度でサブグラウンドと駐車場を整備し、全体の整備を終える計画。

同球場は両翼100㍍、センターが122㍍で市民球場とほぼ同じ広さのプロ野球対応規模。

事業費は20年度までに約20億円を投じ、今年度では4億4000万円を予算化している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!