07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
スポーツ
2021年12月14日(火)8:59

多良間女子が初の栄冠/学区対抗全宮古駅伝

男子は南、2連覇達成

 

初優勝に輝いた多良間学区女子の皆さん=12日、市陸上競技場

初優勝に輝いた多良間学区女子の皆さん=12日、市陸上競技場

学区対抗の男子第71回上地伸栄旗と女子第14回立津工芸社旗の全宮古駅伝競走大会が12日、市陸上競技場を発着点とする男子8区間21㌔、女子7区間13㌔のコースで争われ、男子は南が連覇。女子は多良間が初優勝した。

大会には男子13、女子11学区が出場した。小学生から一般までが出場して互いの健脚を競い合った。

男子優勝の南は4区まで5位だったが、5区の瑞慶覧一星が区間賞の走りでトップに立つと、6~8区まで連続区間賞という快走を見せゴールイン。タイムは1時間12分40秒で、2位鏡原を約3分以上引き離す快勝だった。

2連覇を達成した南学区男子のメンバー=12日、市陸上競技場

2連覇を達成した南学区男子のメンバー=12日、市陸上競技場

アンカーの与那覇礼夢は「昨年と同様のメンバーだったので1位でゴールテープを切らないといけないと思っていた。個人的には後半気を抜いて10分を切ることができなかったことが反省材料」と話した。

黒澤秀男監督は「5区でトップに立ち、リードを守りきることができた。子どもたちが、駅伝を続けながら育ち地域に恩返しをしてくれた」と語った。

一方の女子は各区間で首位が入れ替わる激戦となった。多良間は5区でいったんトップに立ったが、6区で南に抜かれ2位で最終7区へタスキをつないだ。多良間のアンカーの桃原久実が気迫あふれる走りで南を抜き去り、北の追撃をかわして初優勝に輝いた。。

桃原は「昨年もアンカーを務め2位でタスキを受け取り、追いつけそうな距離だったが、届かず悔しい思いをした。メンバーの沿道からの声援が力になった」と笑顔で話した。

本村和也監督は「学校行事と重なりベストメンバーではなかったが、それぞれが良い走りをしてくれた。島に明るい話題を提供できた」と話した。

【男子総合成績】①南1時間12分40秒②鏡原1時間15分54秒③東1時間16分29秒④平一1時間16分48秒⑤多良間1時間18分52秒⑥久松1時間19分16秒

【女子総合成績】①多良間54分29秒②北54分42秒③南54分51秒④平一55分41秒⑤久松56分18秒⑥西辺56分38秒


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!