10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2021年12月25日(土)8:59

PCR検査、市が助成/1回2000円、月2回まで

市長「感染ゼロ継続に協力を」/新型コロナ

 

PCR検査で市独自の助成を発表した座喜味市長=24日、市役所

PCR検査で市独自の助成を発表した座喜味市長=24日、市役所

座喜味一幸市長は24日、市役所で会見し、市独自でPCR検査を受ける市民に1回2000円で月2回まで助成すると発表した。これにより、自己負担はゼロ、または最大で1500円の負担となる。座喜味市長は県内で感染力が強いとされているオミクロン株の感染拡大の兆候が見られると危機感をあらわにし、「感染ゼロを継続し、健やかな新年を迎えられるよう市民の皆さんに協力をしてほしい」と訴えた。助成はきょう25日から。

PCR検査を希望する市民に対してはこれまで県が助成していたが、今回新たに市でも独自検査の助成を決定。財源は予備費で対応し、期間終了の3月31日までに約6000件と想定している。受検は市が契約した島内検査機関で、助成申請書の提出が必要。

座喜味市長は今回の助成が国や県の動向によって変更になる可能性はあると説明した。

契約検査機関は▽沖縄PCRセンター▽コロナ検査センター▽宮古島PCR検査センター▽沖縄民間ピーシーアール検査機構(①奥平産婦人科②下地診療所③きしもと内科)―となっている。

一方、年末年始に向けては忘年会や新年会などで多数で長時間にわたる飲食は感染のリスクが高まると強調し、飲食店などの事業者へ引き続き徹底した感染防止対策の協力を求めた。

市民に対してはマスクの着用、手指消毒の徹底、密を避ける行動など基本的な感染防止対策の継続を呼び掛けるとともに、「風邪症状や体調が悪い人は同居家族以外が集まる自宅での会合も含め、イベント等への参加は控えてほしい」と訴えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!