10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2022年2月8日(火)8:59

申請サポートセンター設置/中小・個人事業復活支援金

市、会議所が活用呼び掛け/新型コロナ

 

事業復活支援金の申請サポートセンターが開設された=7日、宮古島商工会議所

事業復活支援金の申請サポートセンターが開設された=7日、宮古島商工会議所

市は新型コロナウイルスの影響を受けた中小法人・個人事業者に対する事業の継続・回復を支援する「事業復活支援金」の申請手続きをサポートする窓口を宮古島商工会議所に設置した。7日、座喜味一幸市長と根路銘康文副会頭が会見し、活用を呼び掛けた。

事業復活支援金は経済産業省が実施している。新型コロナの影響で2021年11月から22年3月のいずれかの月の売上高が、18年11から21年の同じ月と比較して30%以上減少した法人・個人に給付される。業種や所在地は問わず、対象となる。申請期間は5月末まで。

給付額は50%以上減少した法人が最大で250万円、30%以上50%未満減少で最大150万円。個人事業者は50%以上減少で50万円、30%以上50%未満減少で30万円。

申請サポートセンターは市が会議所に委託する形で開設した。

座喜味市長は「支援金の申請方法がオンライン申請のみに限定していることから、市内の小規模事業者はインターネット環境が整っていない場合が多くあり、申請手続きが困難になる。また島内に支援金の相談窓口がないことを踏まえ、早急に市内の事業者を支援する必要があると判断し、市独自の事業で開設することにした」と説明した。

これまでに一時支援金・月次支援金を申請した法人・個人は、過去の申請情報を活用できるため、事前確認が不要で提出書類も少なくなる。

会議所ではサポート員を配置し、申請手続きを支援する。「対象となるかなど、事前に電話で確認した上で来所してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは申請サポートセンター(電話72・2779)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!