10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
産業・経済
2022年2月16日(水)9:00

アトールを三菱地所に売却/シティアンドリゾート社

ホテル運営、雇用は継続/競争激化見込み、判断

 

三菱地所に売却されたホテルアトールエメラルド宮古島=15日、平良下里

三菱地所に売却されたホテルアトールエメラルド宮古島=15日、平良下里

宮古島シティアンドリゾート(下地米蔵社長)が、所有するホテルアトールエメラルド宮古島の土地・建物を、三菱地所に売却したことが15日までに分かった。売却金額は非公表。1月28日付けで所有権が移転した。シティ社が引き続き運営するため、従業員の雇用は守られる。

三菱地所は市内でホテル開発を進めており、2023年にはトゥリバー地区には「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」を、24年には平良荷川取に「ローズウッド宮古島」をそれぞれ開業する予定だ。

シティ社は、市内で新たなホテル建設やリゾート開発が計画され、5~10年後の競争が激化することを予想。複数社からホテル購入の打診がある中、下地島空港ターミナルなどの事業を展開する三菱地所と、経営について協力の可能性を検討してきたという。

売却について下地社長は「今回はホテル不動産の売却であり、宴会場を有し、島内で長く愛されてきたホテルの運営を引き続き行うことで、今後とも宮古島の発展のために尽力する」とコメントした。

三菱地所の担当者は「宮古島や沖縄県は国内外から注目されているエリア。コロナで一時的に厳しい状況にあるが、収束した際には観光需要は回復してくるとみている。高い成長を期待している」と強調した。

 

☆関連記事 島の良さ伝えて/宮古で観光感謝祭(2021年11月26日)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!