07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
社会・全般
2022年2月19日(土)9:00

総合的空間のあり方討議/平良港

港湾計画の改定見据え/市、長期構想検討委を設置

 

港湾計画改定を見据え長期構想検討委員会を設置した=18日、平良港ターミナルビル

港湾計画改定を見据え長期構想検討委員会を設置した=18日、平良港ターミナルビル

2023年度の港湾計画の改定を見据え、市は平良港長期構想検討委員会を設置した。18日、平良港ターミナルビルで第1回委員会・幹事会を開き、長期構想検討の方向性などを確認した。今後、22年度で2回の委員会を開き、おおむね20~30年先の視野に立った総合的な港湾空間のあり方を検討する。年度内に長期構想を策定し、公表する。

委員会は学識者や港湾関係者、行政機関など18人とオブザーバー1人で構成。委員長には日本港湾協会理事長の須野原豊氏、委員長代理には沖縄コンベンションビューロー会長の下地芳郎氏が就いた。

市の大嶺弘明建設部長は「平良港は宮古圏域の人流、物流の拠点として重要な役割を果たしてきた。漲水地区の複合輸送ターミナルをはじめ、数々の港湾事業が進められてきた。1月には第4埠頭(ふとう)の物揚げ場が供用開始。今後は22万トン級クルーズ船対応岸壁、総合物流センターの供用開始を予定。さらなる物流拠点として期待されている」と述べた。

須野原委員長は「コロナでクルーズ船の寄港がなくなっているが、下地島で民間の空港ターミナルができたり、大型ホテルの建設など大きな変革を迎えている。そんな中で物資を扱う平良港の役割はますます重要になってくる」と述べた。

現在の港湾計画は08年に改定された。計画に基づき整備を進めているが、この間に平良港を取り巻く社会経済情勢が大きく変化している。市では長期構想を踏まえ22年度におおむね10~15年先を目標年次として計画を改定する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!