10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2022年2月23日(水)8:59

航空事故想定し対応確認/宮古空港で消火・通報訓練

訓練では関係機関がそれぞれの役割を確認するとともに、化学消防車による消火活動も行った=22日、宮古空港旧エプロン

訓練では関係機関がそれぞれの役割を確認するとともに、化学消防車による消火活動も行った=22日、宮古空港旧エプロン

2021年度宮古空港消火・通報訓練(主催・市建設部空港課など)が22日、同空港旧エプロン(航空機を駐機する場所)で行われた。

航空機事故を想定して関係機関から約30人が参加。緊急時に備えてそれぞれの役割と連携を確認しながら、通報と消火訓練を実施した。

今回の訓練は、午前10時ごろにボーイング737型機が着陸後、移動中に右翼エンジンから出火したことを想定。

被害状況は、乗員乗客80人のうち、死亡者1人、重傷者1人、中傷者1人、軽傷者2人、無傷者は75人として訓練を実施した。

訓練会場では、通報を受けた宮古空港消防の化学消防車による放水活動が行われるなど、緊急事態を想定して消火訓練が行われた。

そのほかにもこの日は、各関係機関への通報訓練やエアーテント設営および担架搬送の講習が行われた。

訓練の講評で、宮古空港管理事務所の砂川英輝技師は「毎年、訓練は実施しているが今回は新型コロナウイルスの影響を受けて、規模を縮小しての実施となった。それでも、コロナ禍の中で発生する緊急事態について、関係機関が密を避けながら状況に応じた作業の進め方を確認することができた」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!