10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2022年3月12日(土)8:59

届け歌声被災地へ/「フロイデ」伊良部でセレモニー

追悼と復興願い込め/東日本大震災から11年

 

「花は咲く」などを合唱する参加者ら=11日、てぃだの郷

「花は咲く」などを合唱する参加者ら=11日、てぃだの郷

東日本大震災の追悼セレモニー「第11回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー」が11日、伊良部のホテルで開かれた。宮古フロイデ合唱団の団員らが美しい歌声を響かせ、犠牲者の冥福と一日も早い復興を願った。今年は発生から11年目となる。

同セレモニーは、毎年全国の複数地域で同時開催されており、今年は11道府県19会場で実施した。昨年は全国13会場で計1003人が参加した。

集まった参加者は、東日本大震災が発生した午後2時46分、被災地の方角に向かって1分間の黙とうをささげた。その後、ピアノ伴奏に合わせ「ふるさと」と、復興支援ソングの「花は咲く」を被災地への思いを込めて歌った。

新型コロナウイルスの感染予防の観点から、今年は参加人数を制限して実施された。参加者らはマスクを着用したまま合唱した。

主催者を代表して、ホテルてぃだの郷の猪子立子代表は「コロナ禍ではあるが、欠かすことができないと思い、必要最小限で実施することとなった。みんなで犠牲者の冥福を祈り、歌声を届けよう」と述べた。

セレモニーでは、宮古と石垣で大きな被害を出した明和の大津波が、1771年の4月24日(旧暦3月10日)に発生したことを紹介し、佐和田の浜に向かって黙とうをささげた。

被災地にストリートピアノを贈るための募金箱も設置された。募金でこれまでに4台のピアノが東北に届けられている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!