09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2022年3月22日(火)8:59

不発弾処理、無事完了/陸自 予定より2時間早く

不発弾処理の準備をする自衛隊員=20日、平良西里

不発弾処理の準備をする自衛隊員=20日、平良西里

陸上自衛隊第101不発弾処理隊(佐藤景一隊長)は20日、2月に平良西里の住宅解体工事現場内で発見された不発弾(米国製300ポンド投下爆雷)の安全化処理作業を無事完了させた。作業は当初3時間を予定していたが、約1時間で終了した。作業に伴い、現場から半径200㍍以内に住む約400世帯約900人が避難した。

発見された不発弾は長さ90㌢、重さ35㌔。安全化処理は不発弾を作業壕(ごう)へ移動し、パイプレンチで不発弾の信管の離管を試みたが、変形していて外れないため、不発弾を切断することにした。

切断は金のこぎりを使って手動で行われた。切断された不発弾の殻に爆薬がこびりついていたため、ハンマーでたがねやヘラをたたいて削り取った。

安全化処理は切断作業の際、壕内に鉄粉がまん延するため、壕内の換気と人員交代で3回の中断を挟んで行われた。

市役所に設置された現地対策本部(本部長・宮国泰誠市総務部長)は、安全化処理終了の報告を受け解散した。

不発弾処理隊の坂本雄太班長は「処理は3時間程度と想定していたが、思っていたより不発弾の殻が柔らかかったのでスムーズに処理できた」と話した。

宮国本部長は「市街地での不発弾処理だったが無事に終えることができた。400世帯900人の住民と自衛隊の協力に感謝する」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!