07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2022年3月22日(火)8:59

不発弾処理、無事完了/陸自 予定より2時間早く

不発弾処理の準備をする自衛隊員=20日、平良西里

不発弾処理の準備をする自衛隊員=20日、平良西里

陸上自衛隊第101不発弾処理隊(佐藤景一隊長)は20日、2月に平良西里の住宅解体工事現場内で発見された不発弾(米国製300ポンド投下爆雷)の安全化処理作業を無事完了させた。作業は当初3時間を予定していたが、約1時間で終了した。作業に伴い、現場から半径200㍍以内に住む約400世帯約900人が避難した。

発見された不発弾は長さ90㌢、重さ35㌔。安全化処理は不発弾を作業壕(ごう)へ移動し、パイプレンチで不発弾の信管の離管を試みたが、変形していて外れないため、不発弾を切断することにした。

切断は金のこぎりを使って手動で行われた。切断された不発弾の殻に爆薬がこびりついていたため、ハンマーでたがねやヘラをたたいて削り取った。

安全化処理は切断作業の際、壕内に鉄粉がまん延するため、壕内の換気と人員交代で3回の中断を挟んで行われた。

市役所に設置された現地対策本部(本部長・宮国泰誠市総務部長)は、安全化処理終了の報告を受け解散した。

不発弾処理隊の坂本雄太班長は「処理は3時間程度と想定していたが、思っていたより不発弾の殻が柔らかかったのでスムーズに処理できた」と話した。

宮国本部長は「市街地での不発弾処理だったが無事に終えることができた。400世帯900人の住民と自衛隊の協力に感謝する」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!