10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2022年6月30日(木)8:59

シールラリー3億円の効果/商工会議所議員総会

消費喚起の実績報告/コロナ委託金で決算増

 

アフターコロナ社会を見据えて事業展開することを確認した=29日、ホテルアトールエメラルド宮古島

アフターコロナ社会を見据えて事業展開することを確認した=29日、ホテルアトールエメラルド宮古島

宮古島商工会議所(下地義治会頭)の第95回通常議員総会が29日、市内のホテルで行われ、2021年度の事業報告のほか、同年度決算を全会一致で承認した。決算の一般会計では、新型コロナウイルス関連の委託金が伸び、予算額を大きく上回る7936万円となった。委託を受けた消費喚起事業で3億2000万円の効果があったと推計した。

同年度決算一般会計の収入の部では、予算額の4585万円に対して、新型コロナ関連で、市のサポートセンター委託金が3100万円となり決算額が増えた。

事業報告では、新型コロナの収束への見通しが立たない中で、会員に対して各種支援サポート業務に年間を通して職員一丸となって取り組んだことなどが示された。

市から委託を受けた消費喚起促進事業第2弾のシールラリーでは市内全域の飲食店、小売業、観光業などほとんどの事業所で実施し、実質2カ月間で3億2474万円の消費を喚起した。

その上でアフターコロナ社会を見据えた事業展開を図るため、関係機関と連携し、それぞれの事業者に適した支援メニューや現場主義に沿った事業を進めるとしている。

あいさつで下地会頭は「去年もコロナで会議所も苦労した。行政と連携しどうにかやってきた。きょうはクルーズ船が2年ぶりに寄港し、新設したバースに接岸し、100人余が宮古に入ってきた。回復の兆しが見えてくるのはいいが、コロナがいつ収まるかは分からない。アフターコロナを見据え、会員と共に取り組みたい」などと話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!