10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2022年7月6日(水)9:00

選挙選が最終盤へ/参院選沖縄選挙区

各陣営、街頭で訴え/期日前投票にも全力

参院選は終盤戦に入り、各支部とも票の上積みに全力を挙げている。コロナ禍、大規模集会など以前のような選挙運動ができず、主要道路での手振りやチラシ配布が中心だ。各陣営とも秋の知事選への基盤固めを狙い、期日前投票に行くよう呼び掛けている。沖縄選挙区(改選1)には5人が立候補をしているが、「オール沖縄」勢力が推す無所属現職の伊波洋一氏、自民党新人の古謝玄太氏の事実上の一気打ちとなっている。

伊波陣営

 

街頭での演説と手振りで支持を訴える伊波洋一後援会宮古支部のメンバー=5日、宮古毎日新聞社前

街頭での演説と手振りで支持を訴える伊波洋一後援会宮古支部のメンバー=5日、宮古毎日新聞社前

伊波洋一後援会宮古支部(國仲昌二支部長)は革新系市議らを中心に、支援者たちが街頭でのスポット演説などを行い、伊波さんのこれまでの実績や政策などを訴えている。
同支部の奥平一夫顧問は「これまでもそうだったが国政選挙は少し盛り上がりに欠けるとは感じる。選挙戦も終盤にかかっているため、選挙を盛り上げていきたい」と意気込む。
今回の選挙はとても大事な選挙との考えを示し「市議の皆さんも同じ思いで活動を展開している。絶対に負けられない」と強調した。
予想する投票率については「できるだけ多くの人に投票してもらえるよう投票を呼び掛けている」と明言を避けた。
コロナ禍でこれまでのように集会などが開けないほか、チラシ配布時もできるだけ対面を避ける状況の選挙戦については、「厳しい状況ではあるが、各市議や支持者がそれぞれ動き、有権者へ丁寧に説明し、政策浸透を図っている」と話した。
「交差点などでの朝の手振りや、夕方の街頭演説、旧郡部でのスポット演説を増やしており、市民の反応も日に日に良くなってきていると感じている」と手応えを語った。

古謝陣営

 

ドライバーに手を振り支持を訴える古謝げんた後援会宮古島支部のメンバー=5日、平良西里の交差点

ドライバーに手を振り支持を訴える古謝げんた後援会宮古島支部のメンバー=5日、平良西里の交差点

古謝げんた後援会宮古島支部(下地義治支部長)は、保守系市議らを中心にチラシ配布や期日前投票に力を注ぐ。同支部の宮国高宣事務局長は「国政選挙は候補者との接点が少なく、盛り上がりに欠けていることは否めない」と指摘。過去の投票率の低さに危機感を募らせる。ただ、期日前投票は伸びており、日程も前回より1日多いことを挙げ「できるだけ高い投票率を目指すのみ」と具体的な数字には触れなかった。
「古謝氏は相手候補より知名度は低いが、若さと行動力にプラスして、宮古にルーツを持っているというのが強みだ。そこをアピールしていきたい」と最終盤の追い込みをかける。
コロナ禍、以前のように懇談会ができず、古謝氏の政策の浸透が図られない中、個別訪問など限られた期間で有権者へしっかりとアピールする草の根的な活動を展開している。
朝夕はサラリーマンの出勤・帰宅時間を狙い、主要道路で手振りなどで支持を訴え。宣伝カー2台で旧郡部もくまなく巡っている。
宮国事務局長は「事務所に出入りする運動員の情報などから、勝てるという手応えを感じている」と力を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!