10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2022年7月14日(木)9:00

進捗率は43・4%/大道線 大原線

事業費19億円、890メートル整備/25年完成へ「おおむね順調」/市都計課

 

工事が進められている大道・大原線=平良下里

工事が進められている大道・大原線=平良下里

宮古島市が進めている市道「大道線・大原線」街路事業の進捗(しんちょく)率は43・4%になっていることが市都市計画課への取材で分かった。総延長は約890メートル。両側に歩道を設置する。総事業費は約19億円に上り、国が15億2000万円(80%)、市が3億8000万円(20%)をそれぞれ負担する。「工事はおおむね順調」(同課)で、完成は2025年3月31日を予定している。

事業概要は、大道線・大原線1工区(平良下里大原から旧サンエーカママヒルズ店)が延長489メートル、幅員は15~16メートル(車道9~10メートル)、歩道両側5~7メートル)。事業費は12億9600万円。進捗率は70・1%。

大道線2工区(旧サンエーカママヒルズ店から国道390号平良久貝上原)は、延長400メートルの区間で幅員を12メートル(車道7メートル、歩道両側5メートル)に整備する。事業費は約6億円。進捗率は16・6%。

今年度は1・2工区とも▽物件移転補償▽用地取得など―を計画。来年度以降は、車道の舗装工事などをそれぞれ実施する予定だ。

大道線・大原線は「インフラ整備」で、円滑な交通体系の確立、快適な歩道空間の創出、市街地の活性化を図ることを目的にしている。

市都市計画課によると、この道路は2015年1月の伊良部大橋開通以降、通勤・通学目的の車両が急増している。特に、朝の通勤時間帯や雨天の場合は車両の増加が顕著に見られる。

同課では、歩道が一部未整備のため、ドライバーに対し歩行者の安全確保に協力を呼び掛け。地域住民にも「工事期間中は不便を来している」などとして理解と協力を求めている。

市はまた、大道線に続く市道松原1号線(平良久貝地内)の歩道拡幅工事(延長1354メートル、歩道片側2メートル)も進めている。道路建設課によると、進捗率90・4%。来年3月31日に完了予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!