08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
教育・文化
2022年7月19日(火)8:59

最優秀賞に奥間さん/子ども劇団への思い発表

下地さん(優秀賞)と中央大会へ/婦人の主張地区大会

 

最優秀賞に輝いた奥間さん(中央)、優秀賞の下地さん(右)、優良賞の砂川さん=17日、市未来創造センター多目的ホール

最優秀賞に輝いた奥間さん(中央)、優秀賞の下地さん(右)、優良賞の砂川さん=17日、市未来創造センター多目的ホール

第54回婦人の主張宮古地区大会(主催・宮古地区婦人連合会)が17日、市未来創造センター多目的ホールで行われた。4人の弁士が子ども劇団や婦人会活動などについて発表した。審査の結果、「子ども劇団との関わりを通して共に成長し、演劇でアララガマ魂を後世に伝えていける」と訴えた奥間郁子さんが最優秀賞に輝いた。奥間さんと優秀賞に選ばれた下地菊江さんは9月20日に琉球新報ホールで開催される中央大会に宮古地区代表として出場する。

奥間さんは「未来へつなぐ」という演題で発表した。子どもたちが所属する「劇団かなやらび」は宮古方言を交えたオリジナル脚本の演劇を上演していること、演技やダンスを指導する先生や、セットを製作する大道具、照明、音響などのスタッフ、衣装や小道具の制作者など、大勢の大人が携わっていることなどを紹介した。

その上で「主役は舞台に立つ子どもたち。公演を見にきてもらえれば絶対ファンになると思う。子どもたちの充実感と安堵(あんど)感の混じった笑顔を見続けていけることができるように、支援する環境を未来につなげていきたい」と締めくくった。

優秀賞は演題「婦人の力今 ここに」を発表した下地さん。「これから先も婦人会の魅力を公開し、前向きな姿勢で親しくなった友と情報を共有し地域の力を支えに自分のできる範囲で楽しく社会貢献していきたい」と弁論した。

優良賞には演題「若さを創り出す東京大会(報告)」の砂川勝美さん、奨励賞には「隣国『台湾』をたずねて」の喜村昌代さん(代読)がそれぞれ選ばれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!