08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
産業・経済
2022年7月21日(木)8:59

葉タバコ買い入れ開始

長雨で反収激減/初日平均キロ単価1994円

 

22年産葉タバコの買い入れが始まった=20日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所(写真提供・JT西日本原料本部沖縄リーフオフィス)

22年産葉タバコの買い入れが始まった=20日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所(写真提供・JT西日本原料本部沖縄リーフオフィス)

2022年産葉タバコの買い入れ作業が20日、全国に先駆けて平良西里の日本たばこ産業(JT)宮古葉たばこ取扱所で始まった。初日は伊良部、下地両地区の計7農家から買い入れ、平均反収(10㌃当たり収量)は146㌔、平均キロ単価は1994円。長雨によって反収は激減したが、単価は前年初日より高かった。買い入れは8月5日までの予定。

今期産はJTが廃作希望者を募集したことで農家戸数が減少したことに加え、長雨の影響で病気が発生した。収量は前期の3分の2程度となる見込み。

買い付け開始式で、JT西日本原料本部沖縄リーフオフィスの石井三陽所長は「農家にとっては苦労が多かった1年だった。皆さんの取り組みに対して感謝と敬意の気持ちを表したい。来年に向けて共に進んでいきたい」と語った。

県葉たばこ耕作組合の太田彰組合長は「仲間が減り、雨で収量が減った中、買い付け初日を迎えた。農家としては品質にこだわっている。終了までの期間、よろしくお願いしたい」と話した。

今年の買い入れ作業は昨年同様、新型コロナウイルス感染防止を徹底するため、取扱所に入る人員数を制限して作業に当たっている。

買い入れは宮古の各地区のほか、石垣市の葉タバコも取り扱っている。

葉タバコは宮古の農業収入で大きなウエートを占める品目。今期は73戸(市・66戸、多良間村・7戸)の生産農家が計289㌶の面積で栽培した。

宮古地区の21年実績は収量が1008㌧、販売額は21億5400万円、反収は234㌔だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!