08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
産業・経済 観光関係
2022年7月23日(土)9:00

早期「自走化」の声多数/ループバス

運行説明会で参加者訴え/2次交通不足問題に危機感

 

早期の自走化を求める声が多く出た宮古島ループバス運行説明会=22日、市役所

早期の自走化を求める声が多く出た宮古島ループバス運行説明会=22日、市役所

島内の観光地、宿泊施設などを循環する「宮古島ループバス」。今年度の実証運行についての説明会が22日、市役所で行われた。2025年度から補助金に依存しない民間負担による「自走化」を目指していることが運営事務局から説明されたが、参加者からは最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることが指摘され、観光客の移動手段確保の観点からも早期の「自走化」に向けた取り組みの必要性が求められた。

ループバスは市による市バス交通利用促進実証委託業務で、総合商社の双日が全体統括と事業性検証などを担い、宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通の3社が共同運行を行っている。

自走化に向けては、22年度までが実証運行、23、24年度に自走化検証を経て25年度に民間負担100%での運行を目指している。

参加者からは「現状の2次交通の問題を考えると今の計画では厳しい。レンタカー、タクシー不足は宮古島観光にとって風評被害になりつつある。次年度からの自走化の仕組みを作る必要がある」との声が多く出された。

また、来年には300室以上を有する「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」が、平良港トゥリバー地区で開業することもあり、より多くの観光客が訪れることで島内における2次交通の問題がより一層深刻化することへの懸念も示された。

自走化の前倒しに向けて参加者からは、旅行代理店とより連携を密にしてやり取りをするほか、より効果的な路線の抽出や3~4のルートをつなぐターミナルの必要性なども求められた。

こうした意見に対して事務局からは「前倒しについては歓迎ではあるし、実現できるのであれば目指したい」と話した。

今年度のループバスについては、8月から10月と、11月から来年2月の2回に分けて運行する。

運行は夏季が北小前を起点に市街地、宮古空港、宮古島東急ホテル&リゾーツ、来間島のシーウッドホテル、ユニマットリゾート、東平安名崎、吉野海岸までの往復ルートに24カ所の停留所を設け、冬季が22カ所となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!