09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化
2022年8月15日(月)9:00

創作クイチャーを披露/市民文化祭がスタート 市文化協など主催

芸術劇場皮切り/10月には舞台や展示会

 

創作クイチャーを披露する出演者ら=14日、マティダ市民劇場

創作クイチャーを披露する出演者ら=14日、マティダ市民劇場

第17回宮古島市民総合文化祭一般の部芸術劇場「創作の世界~太鼓・古武道・クイチャー~」(主催・宮古島市、市教育委員会、市文化協会)が14日、マティダ市民劇場で開かれた。島外2団体を含む4団体が、力強い演舞を披露。伝統と革新を織り交ぜたクイチャーやエイサーの新しい可能性を引き出した。

市民文化祭は、同公演を皮切りに10月には音楽祭や芸能祭、展示会などを行う予定。

県内外のすぐれた舞台芸術を紹介する「芸術劇場」。今回は琉球國祭り太鼓宮古支部と宮古島創作芸能団んきゃーんじゅく、浦添市の鼓衆若太陽、糸満市の創作演武団SUZAKUが出演した。

プログラムは4部構成で行われた。幕開けでは「琉球太鼓・エイサーの世界」をテーマに、琉球國祭り太鼓など3団体が「とうがにあやぐ」を披露した。

主催者を代表して市文化協会の饒平名和枝会長は「プロフェッショナルな芸能団の躍動感あふれる演舞や演奏を存分に味わい、有意義なひとときを過ごしていただきたい」と語った。

同協会芸術劇場部会の前里昌吾部会長は「これからもクイチャーを広める活動を続け、若い世代にも踊ってもらいたい。創作クイチャーもそのチャレンジの一つだ」と述べた。

来場した大勢の観客は、舞台で次々と繰り出される多彩な演舞に圧倒されながらも、引き込まれるように見入っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!