09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化
2022年8月18日(木)9:00

3候補地を視察・評価/選定委、26日に建設地決定

新総合体育館

 

写真上から現存地、前福運動場、カママ嶺公園=17日

写真上から現存地、前福運動場、カママ嶺公園=17日

第1回市新総合体育館用地選定委員会が17日、市役所で開かれ、委員らは市の担当課から概要説明を受けた後、候補地となっている3カ所を視察。概況を評価し、各委員が採点した。採点結果は26日の次回委員会で報告され、委員会としての意見をまとめる。建設地の最終決定は座喜味一幸市長が判断する。建設時期は定まっていないが、市は「できるだけ早期に」との考えで、調整を進めている。

選定委員会では大城裕子教育長が委員に委嘱状を交付。委員の中から委員長に伊川秀樹副市長、副委員長に友利克生涯学習部長を選んだ。大城教育長は「市のスポーツ振興・人材育成の拠点、多くの市民に親しまれる施設となるよう用地選定をお願いしたい」と述べた。

委員会では担当課が概要を説明。1984年に建設された現施設は築後38年が経過している。台風の襲来でたびたび、屋根の一部が崩壊し、補修後も雨漏りする状況がある。2018年の耐力度調査では基準をクリアしていたが19年の台風13号で再び屋根が破損。今年1月の再調査では基準を大きく下回っている。

市は建設用地を面積1・2ヘクタール以上の市有地、土地の形状、人口重心から2キロ圏内を基準に現存地、前福運動場内、カママ嶺公園内に絞り込んだ。3候補地での事業の経済性などについて、比較した。

委員らは説明を受けた後、現地視察。各候補地を①敷地概要②利便性③安全性・防災性④事業の経済性⑤まちづくり・中心市街地との関係⑥事業の効率性-について評価し、60点満点で採点した。

市は基本構想をすでに固めており、今年度の当初予算に基本設計など7300万円を計上。「複合型スポーツ振興・人材育成拠点施設」としてハンドボールコートが2面入るメインアリーナや武道(剣道・柔道・空手など)に対応できるサブアリーナ、屋内ランニングコースなどを整備する方向で進めている。事業費は現時点で約54億円を見込んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!